アロマテラピーって?

最近アロマテラピーが本やテレビでも頻繁に取り上げられ、どうやって始めればいいの?
などと聞かれることがあります。
私たちの生活によい香りを取り入れて心身ともに快適な生活が送れるよう、楽しくかつ
安全に行えば難しいことはありません。

そもそもアロマテラピーって?

柑橘系の香りを嗅いで爽やかな気分になったり、
フローラルの香りでやさしい気持ちになったり・・・

心地よい天然の香りは私たちの感情を動かす力をもっています。
植物にはさまざまな香りがあり、それぞれに特徴を備えています。

その中から私たちに役立つものを選び出し、最適な方法で 利用しようというのがアロマテラピーの基本の考え方です。

エッセンシャルオイルは植物の花、葉、果皮、樹皮などから その香りの有効成分を抽出して作った天然100%の芳香物質で、 アロマテラピーのベースになります。

アロマテラピーの楽しみ方

アロマポットやディフューザーでエッセンシャルオイルの香りを漂わせて 自分の空間を香りで演出する芳香浴や、お風呂でアロマテラピーを 楽しむ沐浴法などさまざまな方法があります。

集中力を高めたい、気持ちを落ち着かせたい、ぐっすり眠りたいなど 目的に合った香りをもつエッセンシャルオイルを選んだり、何種類かをブレンドしてオリジナルの香りを作ったり。

やさしく私たちを包み込む天然の心地よい香りは、生活に潤いを与えてくれます。

最低限の注意事項

  • 植物の花や葉、根などから抽出される際に、自然の状態に比べてかなり濃縮されているので、
    エッセンシャルオイルを直接肌につけたり、飲んだりしないようにしましょう。

  • 柑橘系のエッセンシャルオイルには、紫外線に反応してかゆみ、発赤、シミなどが生じるものがあります。
    日中は使用しないようにしましょう。

  • エッセンシャルオイルは熱や光、空気などの影響を受けやすいので、冷暗所に保管して、
    期限内に使い切るようにしましょう。 開封後1年以内(柑橘系は半年以内)が目安です。